先日、柴犬バーでとっても可愛い柴犬ちゃんに出会いました。
あまりに可愛くて、写真をパシャパシャ。
で、こんなに可愛い子にあったんだよー。
ってtwitterにアップしました。
twitterにも犬好き炸裂な私(笑)。

柴犬の写真

タイムラインを確認したら、いつもなら写真が乗るのですが、なぜかURLが表示されていて。
あれ?うまくアップロードされなかったのかしら?
と思って、URLを見たら

「この画像は不適切な画像の可能性があります。それでも開きますか?」

的な警告画面が表示。

へ?
どの画像が不適切な画像?
なんで不適切??

とりあえず、開きますを選択。
そしたら、アップした柴犬ちゃんの写真が出てきました。

ですよね。
アップロードしたのはこの写真ですよね。
可愛い柴犬ちゃんの後ろ姿ですよね。
勘違いだよー、どこが不適切な画像なの?

ん?
後ろ姿だから?
お尻の穴が見えてるからかな?
でも、柴犬ちゃんだよ?
犬の後ろ姿はお尻の穴が見えているのが普通だよ?

twitterのシステムで、不適切な画像かそうでないかを自動で判断するシステムがあるんでしょうね。
きっとそのシステムが間違って不適切な画像って判定しちゃったんでしょうね。
柴犬ちゃんの毛色と人間の肌の色が似てるから。
余計勘違いしちゃったんでしょうね。

・・・でも、これは犬です!!

確かにね。
しっとり美人な柴犬ちゃんでした。
システムを勘違いさせるとは。
さすが、美人な柴犬ちゃんのお尻だこと!
と犬好き犬バカな私は、ポジティブに捉えておきます(笑)。