今日、駅で盲導犬を連れた女の人を見かけました。
私の利用する駅は、階段が狭くてとっても混みます。
電車がつくと、改札に向かうための行列ができます。

盲導犬は自分のペースで歩けないと思ったのか、ある程度階段のお客さんが先に進んで空くのを待っていました。
私を含めまだまだ盲導犬の後ろに人はいたのですが、ここは働くワンちゃん優先ですもの。

盲導犬
がんばれ、盲導犬!
と思って、大人しく後で盲導犬が進むのを待っていた犬好きの私。

で、前が少しスペースができて。
進みだした盲導犬。
後ろの人たちもその後ろをゆっくり降りていきました。

混雑していたのですぐ前の人に追いついてしまった盲導犬。
で、また盲導犬は間が空くのを待っていました。
目の悪い飼い主さんは、この状況が分かっていなかったのかもしれません。
度々止まる盲導犬に、進みなさい!とリードで合図。

盲導犬の意図がわかっていた私は、飼い主さんに説明してあげようかなー
って思ってしまいました。
でも、声かけるの変かな?と思って躊躇。

でも、盲導犬ってとってもえらいんですね。
いくら飼い主さんが先にすすめ!と命令しても、絶対動かないんです。
そんな盲導犬の意図を感じたのか、飼い主さんはそれっきり先に進めと合図をせずに、盲導犬の誘導にしたがってストップ。
そして、また歩き始めました。

すごいなぁ、盲導犬。
ホントに偉い子だなぁ…と感心してしまいました。
実家にいる甘ったれのバカ犬とは大違い(笑)。

レトリバー好きな心を満たされた朝でした。